トップ広告

泉忠司氏 ノアコイン所有量はなんと5億円!

投稿日:

17年4月17日に行われた泉忠司氏主催の「新時代の資産形成セミナー」

超大物ゲストロビー・アントニオ(Robbie Antonio)氏などがゲストで登壇し、会場は大盛り上がりでした。

ノアコインセミナーに超大物ゲストが来日!「文句が言えるなら言ってみろ」
トランプ大統領のトランプタワーや、パリスヒルトンのパリス・ビーチ・クラブを手掛けたロビー・アントニオ氏がノアコインセミナーに登壇!
ノアプロジェクトへの協力を表明しました。

土屋ひろし氏が暴露!泉忠司氏のノアコイン所有量は?

そんな中、セミナー後半に登壇した土屋ひろし氏。

自分のノアコイン所有量を話した流れでつい泉忠司氏のノアコイン所有量を暴露。

隠していたというわけではありませんが、土屋ひろし氏がつい口を滑らせてしまったことによって、今まで明るみに出ていなかった泉忠司氏のノアコイン所有量が明らかになりました。

そして気になる泉忠司氏のノアコイン所有量はなんと日本円にして5億円分だということです。

ちなみに土屋ひろし氏の所有量は日本円にして2億円、二人とも莫大な金額をノアコインに投資しています。

泉忠司氏本人は「ノアプロジェクトに賛同し、ボランティアでノアコインを広めている」と言っていますが、ノアコインが広まらずに頓挫してしまったら5億円という多大な損害を被ることになります。

そういったことを考えると非常にプロモーション活動に力を入れているのも頷けます。

頓挫の可能性、デマ情報の恐ろしさとは・・・?

ノアコインを批判するホームページが増えてきたことで、セミナー内で泉忠司氏は

「ノアプロジェクトは至って順調です。しかし順調に進んでいるビジネスでもデマ情報によって頓挫してしまう可能性はあるのです。」

と言って「豊川信用金庫事件」を例にとって解説しました。

豊川信用金庫事件とは?

この事件は「信用金庫は危ないよ」というたった一人の女子高生の何気ない一言から始まりました。

日本中で「豊川信用金庫が倒産する」というデマから騒ぎが発生し、短期間に約26億円もの預貯金が引き出されたのです。

短期間に約26億円も引き出されると地方の信用金庫では資金繰りがほとんどストップしてしまいます。

豊川信用金庫はデマ情報によってあっという間に倒産寸前にまで追い込まれたのです。

事件の概要

豊川信用金庫に就職が決まった女子高校生。
そのことを友人に話すと「信用金庫は危ないよ」と言われた。
これは「信用金庫は強盗が入ることがあるので危険」という冗談だったがAさんは「豊川信用金庫の経営状態が危ない」と勘違いして親戚に相談をした。

親戚からその知り合いへ、またその知り合いへと噂はどんどん広まりついには町中の噂となった。

噂は時間が経つにつれ「危ないらしい」から「もうすぐ潰れる」と、どんどん誇張されていった。

最終的には「使い込みが発覚」「理事長が自殺した」などの全くのデマ情報が広まっていった。

そしてついには約20億が僅か3営業日で引き出されてしまったのだ。

経営の危機に陥った豊川信用金庫だったが、日本銀行が経営保障することを発表、そして自殺したと噂された理事長が自ら店頭に立つことによって無事解決となった。

デマ情報に惑わされないためには?

デマ情報に振り回されないようにするには「一次情報を必ず確認すること」これを徹底してほしいと泉忠司氏は話しました。

特にインターネット上にはデマ情報、無責任な情報が溢れかえっています。

それが本当なのかどうかを確認するには噂の元となっている張本人、もしくはそれに近しい者に直接聞くことが真実の情報を得るための一番の方法だということです。

ノアコインに関しても今現在たくさんのデマ情報が出回っているので、是非信頼のできる情報を取り入れてその情報を元に最終的な判断をして頂きたいと思います。

ボトム広告

-column

Copyright© ジャパンノアコインストア(JNS) , 2017 All Rights Reserved.