暗号通貨ノアコインの驚くべき利息システム

投稿日:2016年12月27日 更新日:

ノアコインには他の暗号通貨にはない全く新しいシステムである「利息」というシステムを導入しています。

簡単に言えば、日本円などの法定通貨を銀行に預けている時と同様に、所持しているだけでノアコインが増えるというものです。

このシステムは「Allied Savings Bank」などの銀行関連企業が運営しているノアコインならではのもので、他の暗号通貨には決して真似できるものではありません。

ビットコインをはじめとする他の暗号通貨は価値が上昇することはあってもコインそのものが増えることはありません。

ノアコインはフィリピンの社会問題に貢献する他、投資的な側面も十分に兼ね備えているのです。

暗号通貨は購入後、手放さない人が多ければ多いほど価値が上昇します。

この利息のシステムはノアコインの価値が必然的に上がるように、市場公開後もノアコインを所持しておきたくなるスキームの一つとして重要な役割を担っています。

利息の配当率

ノアコインの利息の配当率は1年ごとに変わり、以下のようになっています。

1年目 2年目 3年目 4年目 5年目
配当率 20% 17.2% 14.79% 12.72% 10.94%

このように毎年利率は0.86倍ずつ減少していきますが40年に渡って複利で増えていくシステムとなっています。(40年目の利息は0.06%)

ノアコインは複利で利息が増える

利息には「単利」と「複利」があります。

単利には元本にしか利息が付きませんが複利は元本についた利息を含めた額で利息を計算します。

年月が経てば経つほど単利と複利の金額差は大きく広がっていきます。

「利率の高さ」と「複利」。

この二つを掛け合わせたことでノアコインの配当利息はとても大きなものとなるのです。

ノアコインの利息による配当総額は実にたった5年で101.8%。

5年間所持しているだけで資産が2倍以上に膨れ上がるという計算です。

実際に100万円分のノアコインを所持し続けた場合、以下のように利息で資産が増える仕組みになっています。

初年度 100万円
1年後 120万円
2年後 140万円
5年後 201万円
10年後 284万円
20年後 362万円

このように、ノアコインの利率は日本の銀行の利率よりもはるかに高いことが分かります。

ノアコインの利率は高すぎて怪しい?

「5年間所持しているだけで2倍なんて高すぎる利率どう考えても怪しい・・・」

そう思ってる方も多いと思います。

それもそのはずで、今の日本の銀行の利率は0.05%程度

その利率と比べると確かに初年度20%なんて利率は高すぎるという考えにも頷けます。

しかし実際は今の日本の銀行の利率が低すぎるだけです。

高度成長期である1980年代の日本の郵便貯金の利率はご存知でしょうか?

今の日本からはとても信じられませんが10年定期で約12%にも上るのです。

出典:http://blog.livedoor.jp/aokichanyon444/archives/55234664.html

この利率はノアコインの5年目の利率よりも高いのです。

現在フィリピンは日本の高度成長期にあたる時期にあります。

その為、この利率はなんらおかしいものではありません。

今の日本の低すぎる利率に惑わされないよう注意しましょう。

まとめ

ノアコイン独自の利息システムは投資という観点から見てもとても魅力的だということが分かっていただけたかと思います。

今までの暗号通貨はマイニングでしか市場に出回っていないコインを取得することができませんでしたが、ノアコインはマイニングせずに新しいコインを取得することが可能となっています。

今までは資金力にものを言わせてスーパーコンピューターを使い、多大な電力消費で環境破壊をする企業がマイニングで稼いでいたコインをノアコインでは利息としてユーザーに配当していくというわけです。

購入・予約ボタン

 

-column

Copyright© ジャパンノアコインストア(JNS) , 2017 AllRights Reserved.