トップ広告

ノアコインは詐欺なのか?購入のリスクについて

更新日:

このページではノアコインが詐欺なのか、購入の際にはどういったリスクが考えられるかについてお話していきたいと思います。

「ノアコイン」で検索すると「ノアコインは詐欺なのか?」というページをいくつか見かけます。

暗号通貨には詐欺のような話も多いので不安に思ってのことだと思います。

そしてそれらしいことを並べて完全に詐欺だと断言しているページも見かけます。

一体なぜこのような情報がインターネット上に出回っているのでしょうか?

ノアコインを批判して別のものを売る

ノアコインが詐欺だという情報が蔓延している理由の一つに、自分の商品を売りたいからというものが挙げられます。

何かを批判することにより、自分の取り扱っている商品をセールスするのです。

つまり特定の何かを否定して

「騙されないでください、本物の商品(ノウハウ)はこちらです」

といったように、自分の売りたいものを売るために利用されるのです。

他にも広告収入が目的だったり、批判ページは様々な用途で利用されます。

インターネットの情報を見る際は、どういった意図で書かれている記事なのかを見極めて正しい情報を取り入れるようにすることが大切です。

ノアコインは詐欺なのか?

ではここで話を戻してノアコインは詐欺なのかという点について見ていきます。

ノアコイン正規代理店の公式サイトである当サイトの見解では、当然ながらノアコインは詐欺ではないという見解ですが、もちろん100%ノアコインが世の中に定着するという保証はありませんのでノアコインの価値が今後どうなっていくかは未知数な部分ではあります。

しかし、日本でプレセール期間中の暗号通貨の中では最も将来性のある暗号通貨であるということは間違いないでしょう。

ノアコインはエイダコインよりおすすめ

今現在日本でプレセール中の一番人気の暗号通貨にエイダコイン(カルダノ)というものがあります。

このエイダコインは様々なウェブサイトでも購入を勧めていますが、すぐにノアコインへとシフトしていくだろうと予測されています。

その理由としては、エイダコインを日本で広めている中心人物である泉忠司氏がノアコインの普及に今、最も力を入れているからです。

※この記述は2016年12月のものです

泉忠司とチャールズホスキンソン

泉忠司氏はビットコインに次いで時価総額ランキング世界2位のイーサリアムを開発した人物であるチャールズホスキンソンの友人としても有名です。

ちなみにチャールズホスキンソンはエイダコイン開発者の一人です。

チャールズホスキンソンの友人である泉忠司氏が現時点でエイダコインの普及よりもノアコインの普及に力を入れている時点でノアコインの将来性がどれほどのものかお分かり頂けるのではないでしょうか?

もしノアコインが詐欺だった場合、泉忠司氏はチャールズホスキンソンが開発したエイダコインよりも優先して詐欺コインの普及活動を行っているということになります。

そんなことが果たしてありえるでしょうか?

ノアコインの開発者について

ノアコインの開発技術顧問はDavid Mezrahid氏。

David Mezrahid氏はモナコのプライベートバンクをはじめ世界各国の様々な銀行の顧問です。

アメリカの名門プリンストン大学で暗号通貨の教鞭をとっていて、金融にも暗号技術にも長ける数学者です。

チャールスホスキンソンと並んで彼もまさに天才だと言えるでしょう。

ノアコインに関わっている人物

東京の品川で行われたノアコインの概要説明セミナーにはたくさんの人が訪れました。

会場には午前・午後合わせて4000人が来場し、生放送のウェブ動画の視聴者も4000人を超えました。

そのセミナーには私自身参加させていただきましたが総勢たる豪華ゲストも来場しておりました。

フィリピンからミスインターナショナル 2013ベア・ローズ・サンチャゴ(Bea Rose Santiago)さん。

それから、ドゥテルテ大統領の娘であり、ダバオ市長のサラ・ドゥテルテ氏の旦那さんであるマンズ・カルピオさんも会場に来ていました。

大統領の娘の旦那がまさか詐欺暗号通貨に関わろうなんて思うでしょうか?

そんなことが知れた日には恐らくフィリピン全土で大ニュースになることでしょう。

さらにはノアプロジェクトにはフィリピンのナショナルフラッグキャリア(国を代表する航空会社)であるフィリピンエアラインが関わっています。

日本でいうところのANA、またはJALがそれにあたります。

ちなみに、フィリピン航空のルシオタン氏はフィリピン国内2番目の大富豪。

日本国内ではソフトバンクの孫正義さんが全国2番目の大富豪という立場ですね。

そういった方々がノアプロジェクトに関わっているということを考えるとノアコインは詐欺や嘘ではないということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

「新しい暗号通貨=詐欺」という誤解

とはいうものの、世の中では様々な暗号通貨(仮想通貨)詐欺が行われており、新しい暗号通貨の話のほとんどは詐欺だと考えていいでしょう。

このことも「ノアコインは詐欺」という情報が蔓延している原因の一つかと思われます。

詐欺暗号通貨の見分け方

詐欺暗号通貨の特徴としては市場とは公開前に価格を大幅に釣り上げるというものがあります。

第一期プレセールで1円、第二期プレセールで10円、第三期プレセールで100円といったように価格を釣り上げていき

「一期では1万円だったものが四期では1000万円になります。」

といったように、暗号通貨を買わせる手法が詐欺暗号通貨の代表的な手法です。

この手法はいわば法律逃れの詐欺手段。

実際に1円だったものが本当に1000万円で売られるので嘘はついておらず、厳密には詐欺に当たらず罪に問われることもありません。

しかし、1000万円になったところで売りたくても誰も買い手がいないのです。

一方でノアコインの4期までのプレセール期間で価格引き上げは最大22%。

この上げ幅は完全に市場定着のみを考えた上げ幅だと言えます。

参考:騙されない為の詐欺暗号通貨の見分け方

ノアコインを購入することのリスク

ノアコインが詐欺ではないということはお分かり頂けたかと思いますが、ノアコインを購入するにあたってどのようなリスクが考えられるでしょうか?

もしノアコインの価値が上昇しなかったら?

万が一、ノアコインの価値が上昇しなかった場合でも初年度20%の利息がありますので1年間所有しているだけでも利益を得ることができます。

例えば100万円分のノアコインを所有していた場合ですと20万円分のノアコインを受け取ることができます。

元本割れのリスクは?

一番の不安はここではないでしょうか?

元本割れ、つまりノアコインの価値が市場公開前よりも下がってしまうということです。

投資という観点から見れば元本割れのリスクというのは非常に重要なポイントとなります。

まず、上記にもありますが暗号通貨はプレセール時に価格を釣り上げるほど市場公開した後に価値が下がりやすくなります。

それからノアコインを所有する人が減ったり、使いたいという人がいなければ価値は徐々に下がっていくことでしょう。

ノアコインはプレセール期間中に価格を大幅に釣り上げないので市場公開直後に価値が大暴落するという心配がありません。

それから、ノアコインを所有しているだけで高い利率の利息が得られるわけですから保有者が減ることも考えにくいです。

使いたい人はフィリピン国外から国内に送金したいという人々。

ノアコインは現状の国際送金手数料10~15%をほとんど無料にすることができる為です。

これらのことからノアコインは元本割れのリスクもほとんどないと考えられます。

市場公開まで換金できないというリスク

ノアコインはまだ市場で取引できない段階にありますので市場公開の2018年6月12日まで再び日本円に戻すことができません。

ノアコインを最安値で購入するためには残念ながらこのリスクは避けて通れません。

価値が上がるかを見極めるポイント

価値が上がるポイントの見極め方としては

どれだけの人がその暗号通貨を使いたいと思うか?

が最も重要となってきます。

暗号通貨はその暗号通貨を使う人が増えれば増えるほど価値が上昇します。

ノアコインの必要性についてはノアコインの普及する理由・価値の上昇が起こる理由とは?でも詳しく掲載していますが、ノアコインは主にフィリピンの国際送金手段として普及する見込みとなっており、現在のビットコインの時価総額1兆円を超える3兆円もの市場規模となっております。

まとめ

ビットコインの時価総額は約1兆円、ビットコインに取って代わるほどの市場規模を持っているのはこの「ノアコイン(NOAH COIN)」だけだと言えるでしょう。

このことからもノアコインの価値は市場公開後から次第にに上昇していくだろうと予測されます。

このような情報にはインターネット上の適当な情報に惑わされない情報の取捨選択能力が必要です。

以上の事実や見解を元に最終的に交換の判断をする参考にしてみてください。

ボトム広告

-column

Copyright© ジャパンノアコインストア(JNS) , 2017 All Rights Reserved.