トップ広告

PoS(プルーフ・オブ・ステイク)とPoW(プルーフ・オブ・ワーク)の違い

更新日:

ノアコインで採用している新しい承認方式PoS(プルーフ・オブ・ステイク)。

その承認方式には様々な優れた特徴があるのですが、ビットコインを始めとした暗号通貨で採用されている従来の承認方式PoW(プルーフ・オブ・ワーク)とどのように違うのでしょうか?

従来の承認方式PoWの問題点を取り上げながら説明していきましょう。

PoWの問題点1:多大な電力消費

PoWは取引きするたびにスーパーコンピューターでの高速演算を必要とし、多大な電力消費が問題視されています。

電気代にすると年間1,000億円分もの電力が消費されているのです。

一方でノアコインで採用しているPoSは無駄な電力を使用することなく、電力消費量は非常に少ないものとなっています。

PoWの問題点2:乗っ取りの危険性

PoWのもう一つの問題として、51%アタック(51%攻撃)というものがあります。

これはマイニングで過半数を取ってしまえばビットコインの乗っ取りができてしまうというデメリットです。

現在、マイニングしている企業のトップ5だけでビットコインの総マイニング量の60%を超えています。

これらのトップ5の企業が全部手を組んだ場合、これらの企業でビットコインを乗っ取ることができてしまうのです。

PoWの問題点3:取引きにかかる時間

ビットコインの承認方式であるPoWでは、取引きが行われる際に約10分程のスーパーコンピューターの高速演算を必要とします。

その高速演算が終わるまで、決済は完了しませんので一回の取引で平均10分ほどの時間を要します。

一方ノアコインの承認方式であるPoSでは、高速演算を必要としないので数秒で取引きを完了させることが可能となっています。

ボトム広告

-column

Copyright© ジャパンノアコインストア(JNS) , 2017 All Rights Reserved.