トップ広告

ノアシティついに建設へ Jブロス社と業務提携

更新日:

ノアシティについて、Forbus Asiaが隔週で発行するビジネス誌「Forbus Asia」の2017年12月号に掲載がありました。ここではその記事をもとに掲載しております。

「Forbus Asia」12月号のノアアークコインに関する記事一覧はこちら

ノアシティついに建設へ 業務提携を締結

ノアコイン発表当初から決まっていた「ノアシティ構想」ですが、ここにきてようやく大手建築会社との契約を締結させ、建設が確かなものとなりました。

2017年9月30日、ノアプロジェクトとJブロス・コンストラクション・コーポレーション社は、ホライゾン・マニラ開発プロジェクトの一部として、ノアシティを建設する契約を締結しました。

ホライゾン・マニラプロジェクトは、マニラ市政府と大手建築会社2社が中心となった共同事業です。そのうちの1社がノアプロジェクト提携先のJブロス・コンストラクション・コーポレーション社になります。

ノアシティでも建設が予定されているノアリゾートと同じく、すべての場所でノアアークコインが利用できるようになります。

ノアシティ建設予定地は?

ホライゾン・マニラの建設予定地は、首都マニラにある約140ヘクタールの人工島3つから構成され、トータル419ヘクタールもの敷地面積を持ちます。この中に一つの街としてノアシティが建設されるということになります。

フィリピンで最も発展しているボニファシオ・グローバル・シティでも238ヘクタールなので、ホライゾン・マニラプロジェクトはとてつもなく巨大なプロジェクトだということが分かります。

まとめ

これでミンダナオのノアリゾートだけではなく、マニラのノアシティ建設計画も決定となりました。

ここにきてようやくではありますが、ノアシティの建設計画が完全に決定したことはノアアークコイン保有者にとっても非常に嬉しいニュースとなりました。今後もこういったニュースが続けばノアコインの市場公開後の価格にも大きく影響してくるでしょう。

特に今回はフォーブス誌に掲載されたことにより、さらにノアアークコインに信頼性が増したと言っていいのではないでしょうか。

「Forbus Asia」12月号のノアアークコインに関する記事一覧はこちら

ボトム広告

-column

Copyright© ノアコイン.jp , 2018 All Rights Reserved.