トップ広告

フィリピンの農家と消費者を救うインフラを整備

更新日:

ノアコインについて、Forbus Asiaが隔週で発行するビジネス誌「Forbus Asia」の2017年12月号に掲載がありました。ここではその記事をもとに掲載しております。

「Forbus Asia」12月号のノアアークコインに関する記事一覧はこちら

オーガニック・オスメニア2020

2017年8月22日、フィリピンのセルジオ・オスメニアという場所で「オーガニック・オスメニア2020」というイベントが開催された。

同イベントはこの地域の農業を2020年までにすべて有機栽培にするという目標を掲げたスタートアップイベントということで開催され、農業食料委員会上院議長の上院議員、下院議員をはじめ、市長8名、観光省・農林水産省・国土交通省・労働省などの職員たちが一堂に会した。

また、ミンダナオ島からも700名を超える有機栽培の農民たちが集うという、大きなイベントとなった。

 

ノアアークコインはオーガニック・オスメニア2020に参加したような農家の人たちの取引や流通の媒体となることを目指している。この新たな暗号通貨ノアアークコインのフィリピンでの展開はアーク・システムズ・テクノロジー社が取り仕切っている。

農家と消費者を救う「グロウカート」

同イベントで同社のクラーク・ロバートソンCEOは「グロウカート」の開発を発表した。これは有機栽培を行う農民たちと、スーパーマーケットやレストランのような小売業やサービス業、ならびに消費者たちを直接結びつける専用のアプリである。

アーク・システムズ・テクノロジー社の マーティン・サルバドールCOOもまた、ブロックチェーン技術やノアアークコインを用いて農家の人たちの生産管理、流通統制、販売管理のインフラを整備すると発表した。

ノア・ソーシャル・イノベーション・ファウンデーションは、有機農家の人たちが安全な農作物を、卸業者を介さずに、小売業者や消費者に直接届けることができれば、収益性と生産性がより高まると考える。このことは結果的に有機農業への投資の増加と、ひいては生産高の向上につながるのだ。
そして、安全な有機農産物を農家から直接購入できるのは、すべての消費者にとっても喜ばしいことである。

グロウカートとノアアークコインという2つの先駆的なイノベーションを通して、農家の人たちを貧しい自給農業から救い出せるのである。

「Forbus Asia」12月号のノアアークコインに関する記事一覧はこちら

ボトム広告

-column

Copyright© ノアコイン.jp , 2018 All Rights Reserved.